ブリティッシュスタイル・ブラスバンド about Brass Band

 ブリティッシュスタイルって何?と思われている方も多いかと思います。

 まず、「ブリティッシュ」とは”英国の”(イギリスの)という意味で、ブリティッシュスタイル・ブラスバンド=英国式(イギリス式)金管バンドという意味になります。殆どの場合、略して「ブラスバンド」と呼ばれています。ただ日本の場合、「ブラスバンド」というと「吹奏楽」を指す言葉として使われる場合が多いのですが、ブラスとは金管楽器の原料である真鍮を意味し、「ブラスバンド=金管バンド」となります。ヨーロッパでは明確に区別されブラスバンドといえば金管バンド、吹奏楽のことはウインドバンドというそうです。

 現在の日本では小学校などで比較的ブラスバンドが盛んなのですが、中高になるとなぜか吹奏楽だけになってしまいます。ですので、「ブラスバンド=小学校のスクールバンド」というイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか?ぜひとも中学生、高校生、大人の方も吹奏楽だけではなく、金管バンドもやって頂きたいと思っています。

 ブラスバンドはまだまだ日本ではなじみの薄い形態のバンドです。近年、フィリップ・スパーク作曲の『ドラゴンの年』や『祝典のための音楽』、あるいはヤン・ヴァン・デル・ローストの『カンタベリー・コラール』や『マーキュリー』などブラスバンドのために作曲された作品が吹奏楽に移殖され、盛んに演奏されるようになってから少しずつ支持者を増やしているように思えます。もちろん日本にも古くから活動している一般の団体はありましたが、現在活動しているほとんどのブラスバンドは1990年代以降に結成されたものが多いように思います。

 ブラスバンドは今からおよそ200年程前にイギリスで成立しました。最初は、街角で募金などを募るために演奏されていた『救世軍』という小規模な金管アンサンブルから派生したようです。後に炭鉱労働者の息抜きや安らぎのために結成されたブラスバンドが各地に普及していき、現在のような形に発展していきました。映画「ブラス!」(原題:BRASSED OFF!!)では、鉱山町のブラスバンドと鉱山で働く労働者達(プレイヤー)の関わりが感動的に描かれており、ブラスバンドの雰囲気を知る事ができます。


では、ブラスバンドとは具体的にどんなものでしょうか。すこし説明いたします。

 最大の特徴は主にサクソルン族をメインとした金管楽器と打楽器によって編成されていることでしょう。サクソルン族とは、円錐状の管をもつ管楽器です。使用される楽器は吹奏楽と共通のものもありますが、中にはあまり見かけないものも存在します。使用される楽器は、

Eb ソプラノコルネット
Bb コルネット
Bb フリューゲルホルン
Eb テナーホーン(日本ではアルトホルンとも言います)
Bb バリトン
Bb ユーフォニアム
Bb トロンボーン
Bb バス・トロンボーン
Eb バス
Bb バス
パーカッション

となっています。サウンドは吹奏楽に比べて丸く柔らかいのが特徴です。これは客席にベルが向いている楽器がほとんどなく、聴衆はステージ上でブレンドされた間接音を聞くことになるからです。また、サウンドの要はフリューゲル〜テナーホーン〜バリトンまでのいわゆるホルンセクションの技量によってかなり左右されます。

 もう一つの特徴は使われる管楽器が固定されているということで、どんな曲でも前述した10種類25パート+打楽器×3の総勢28名の編成で演奏できてしまいます。使用楽器が固定されている分、一人抜けると音が繋がらなくなってしまいます。全員がソロ楽器なのです。

 また、吹奏楽での金管楽器の扱われかたとは全く違い、時に超絶技巧を要求され、時に甘くせつない音色を要求されたりと、非常に変化に富んだ演奏が楽しめます。また、吹奏楽やオーケストラなどでは敬遠されがちな『ビブラート』を多用するのも特徴です。

 そして金管バンドの最大の魅力はそのサウンドにあります。同系列で統一されたハーモニーはパイプオルガンのような響きをかもし出し、『動くパイプオルガン』とも呼ばれています。オーケストラや吹奏楽とはまた一味違った金管バンドの魅力にはまってしまう方も多いです。

 今までオーケストラや吹奏楽にしか触れた事の無い方もぜひ一度、金管バンドの良さ(魅力)も感じて頂きたいと思います。